遺品整理のトラブル

奥が深い遺品整理

奥が深い遺品整理のメイン画像

遺品整理の時よくトラブルが発生します、業者任せにすると起こる事もありますので必ず立会ましょう

遺品整理のトラブル

例えば長年疎遠になっていた叔父や伯母が亡くなって、遺品を整理しなくてはならなくなったとします。

自分一人ではどうしようもなくなって遺品整理をしてくれる業者に依頼する事になったとします。

通常、依頼者立会いのもと下見を行い、いくら位費用がかかるという事を見積もりとして依頼者に渡し、依頼者が納得したら契約ということになります。

故人によっては急にお亡くなりになったりする為、部屋が雑然としていたり、荷物が多かったり、中には貴重な品物を保管している場合もあります。

そんな時遺品整理の業者とトラブルになるケースが増えてきています。

普通はこのような経験をすることがほとんどないのでほとんど丸投げで業者任せにしてしまうこともありますが、それをいいことに一般的な料金よりもかなり高額の料金を請求する悪徳業者もいます。

それぞれで異なりますが、孤独死で数週間も遺体が部屋に合ったような時は特殊清掃が必要な事もあり、高額な費用がかかることがあるのです。

しかし、だからといって通常より考えられないような金額を請求された場合は、悪徳業者かもしれませんので注意する必要があります。

誰でも面倒な事は嫌なのでとにかく終わらせたいと考えがちですが、このようなトラブルを避ける為にも依頼する前に(1)まず見積もりを取る(2)下見の際は必ず同行する(3)どれにどれ位の料金がかかるかきちんと説明してもらう、この3点に気を付けておくだけでかなりトラブルが減ります。

Copyright (C) 奥が深い遺品整理(www.aucitronconfit.com) All Rights Reserved.